地震の基礎知識

地震による液状化現象の原因とメカニズム

地震によって引き起こされる液状化現象は建物の倒壊によって多くの被害を出す原因にもなる危険な存在です。しかし液状化現象というのはそもそもどういう現象でどんなメカニズムで引き起こされるものなのか詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

ここでは液状化現象の原因とメカニズムについて紹介したいと思います。

 

液状化現象とは

液状化現象とは、地震の揺れ(震動)によって水分を多く含んだ砂層の水分がにじみ出てきてしまうことです。水が染み出るだけで大きな影響がないと思われるかもしれませんが、この液状化現象は建物を倒壊させることもあるため注意が必要です。

液状化現象は流砂現象や噴砂現象、またクイックサンドなどと呼ばれることもあります。

地震による液状化現象の原因とメカニズム

地震が発生すると震動によって地盤内で安定していた砂の粒子の結びつきが壊れ、内部に含まれていた水分が浮いた状態になっていきます。

地震による液状化現象はこちらの動画が非常に分かりやすいのでご確認ください。

液状化は主に地下水で満たされた状態で引き起こされやすく、同じ成分や同じ砂同士で構成されている場合にも引き起こされやすいと言われています。そのため埋め立て地や都市開発で作られた場所などで発生しやすい特徴があります。

 

液状化現象の危険性

地震によって液状化現象が引き起こされてしまうとさまざまな被害がでてしまいます。これまで安定していた地盤が不安定な状態になり、建物は傾き倒壊してしまうことになるでしょう。

これまで起きた地震でも多くの建物がこの液状化現象で倒壊することになりました。また地中にあるガス管や下水管、そして水道管などライフラインに関わる重要な配管が液状化によって破壊されライフラインを遮断してしまうこともあります。

液状化が引き起こされてしまうと地中の水圧が一時的に高くなることになります。その結果、地中の砂や水が勢いよく地表に吹き出してしまうこともあり、マンホールなどが飛び出してしまうこともあり危険です。

液状化現象というひとつの自然現象だけでは大きな問題がなかったとしても、それに伴った人工物の倒壊は私たちにとってとても危険な問題となるので地震が起きた場合には液状化現象の被害に注意するようにしましょう。

液状化現象の発生の様子

液状化現象が引き起こされたもっとも新しい記憶として東日本大震災があります。下記にいくつか液状化現象が起きたときの様子を動画で紹介します。

-地震の基礎知識