地震の基礎知識

津波のメカニズムと沿岸で高くなる原因

津波が発生するのは海底そのものが上下に動くのが原因です。海溝付近で発生する地震により断層がずれると、広範囲の海底が数m程度持ち上げられるか沈み込むことになります。

すると海水もその動きに合わせて持ち上げられるか沈み込むことになるため、海面は平らではなくなります。その海面を平らにするために大量の海水が動き出すことが津波が起きるメカニズムです。

 

津波を起こす2つの変動

海底の動きによって津波の発生の仕方も異なります。その中には東日本大震災のときの津波のように引き潮が発生してから大きな津波が発生する場合もあるため注意が必要です。津波を引き起こす海底の変動には2つの種類があると言われています。

大陸プレートによる津波

海溝プレートは大陸側のプレートの下に潜り込んでいますが、このときマントルの対流によって大陸プレートの下に引っ張る力が働いています。この引き込まれる動きが限界に達するとプレートの境界は断裂してしまい、陸側のプレートが波を打って海中に跳ね上がることになります。この海底の隆起によって津波が発生します。

 

海底が沈降して起きる津波

海底が沈降する場合にも津波は発生します。海洋プレートは大陸プレートよりも柔らかい岩盤なので押し負け割れ目ができてしまいます。そしてその割れ目である断層が陸側よりも沈み込んでしまうことにより地震が発生してしまいます。海底が沈降したところに海水が落ち込みまわりの海水を引っ張るため一度大きく引き潮するのが特徴です。

 

沿岸で高くなる津波の原因

津波は水深が浅くなればなるほどその速度は遅くなりますが、高さはそれとは逆にどんどん高くなっていきます。沖合でわずか1m程度の津波だったものが沿岸に到着するころには10m以上になっていることもあります。

津波が沿岸に近づくにつれて高くなっている理由は、津波の慣性の法則によるものです。陸地が近づき海底が浅くなって来れば来るほど津波のスピードは遅くなりますが、波の先端はブレーキがかかっていても後ろの波は全速力で衰えることなく前へ前へと押し寄せてきます。

しかし、その押す力は津波の上の方へ逃げるしかないため急激に津波は高くなっていってしまいます。

 

津波の伝わり方と速度

津波は海面だけを伝わる様な通常の波とは違います。海全体を伝わるものなので海底が盛り上がったり沈み込んだりすることで発生した海水を持ち上げる力だけが伝わっていきます。

その津波の速度はとても速く深さ5000mの改定で発生した津波の速度は時速800㎞と言われます。これはジャンボジェットと同じ速さ。ちなみに速度は水深が浅くなればなるほど遅くなっていきますが、この場合は沿岸に達した段階でも時速160㎞とその勢いは計り知れないものです。

津波と高波の違い

津波というのはただ単に大きな波のことを指すわけではありません。台風などで発生した高波は風によって海水の表面のみが揺らされている状態なのに対して、津波は海底そのものが上昇下降することによって生じた海水の動きで発生するものです。

つまり津波は地震によって海面から海底までの海全体が動くことでしか発生しません。

-地震の基礎知識