北海道地方 日本で起きた地震

釧路沖地震

釧路沖地震は1993年(平成5年)1月15日、20時06分に釧路沖深さ101㎞で地震の規模を示すマグニチュードはM7.5、最大深度は6。釧路市付近の真下に沈み込んだ太平洋プレート内の深いところで水平な断層をつくって発生したプレート内地震です。

 

釧路沖地震の特徴

釧路沖地震は震源の深さ100㎞とかなり深いにも関わらず釧路市で震度6、浦河町/帯広市/八戸市などで震度5が観測されました。地震を感じた有感範囲は中部四方にまで及び、最大の余震は本震から3週間経った2月4日に発生したM4.9で本震と比べてもはるかに小さいものでした。

この釧路沖地震波震源が深かったため津波は発生しませんでしたが、地震後測定された太平洋の水準測量結果において、震源域近くで約6㎝の地盤の沈降が確認されました。

釧路沖地震の被害

釧路市を中心に死者が2人、負傷者967人、住宅全壊53棟、半壊255の被害が生じた釧路沖地震ですがこのときに亡くなった被害者の死因は自宅にあるシャンデリア落下によるものとガス漏れによる中毒死でした。

負傷者の特徴としては寒い時期だったのでストーブなどによる火傷が多く、そのほかには家具の転倒や落下物での怪我が多き報告されています。火災発生件数はわずか11件と低かったのがとくちょうですが、斜面崩壊による地滑りなどの被害や液状化現象による住宅被害が目立つ地震でもありました。

-北海道地方, 日本で起きた地震