東北・新潟地方 日本で起きた地震

2003年宮城県沖の地震

2003年(平成15年)5月26日18時24分、深さ72㎞で発生したM7.1最大震度6弱の地震は宮城県と岩手県協会の海岸線直下で沈み込んだ太平洋プレートのやや深部にほぼ鉛直の逆断層を作って発生したプレート内地震です。

 

2003年宮城県沖の地震の概要

岩手県の大船橋/江刺/衣川/平泉/室根および宮城県の石巻/涌谷/栗駒/高清水/金成/桃生などで震度6弱の強い地震が発生しました。

2003年宮城県沖の地震の被害

岩手県、宮城県を中心として被害が大きかった2003年宮城県沖の地震ですが、負傷者174人(うち51人重傷者)、住宅全壊2、住宅半壊21などの被害が生じ、4県の火災が発生しました。またがけ崩れや土砂崩れが数多く発生したほか、東北新幹線の橋脚にも亀裂などが生じたとされています。

-東北・新潟地方, 日本で起きた地震