関東・伊豆地方 日本で起きた地震

(安政)江戸地震


1855年11月11日(安政2年10月2日)巳刻(10時頃)に地震の規模を示すマグニチュードM6.9、最大震度6(推定)の地震が荒川河口付近で発生し、被害者数は10,000人を超えました。後のこの地震は(安政)江戸地震と命名されました。

 

(安政)江戸地震の概要

この地震による激震地域は江戸の下町でなかでも本所/深川/浅草/下谷/小川町/曲輪で強い揺れが発生しました。現在の東京都北部、千葉県南部、埼玉県東部で推定震度6だとされています。

この(安政)江戸地震では津波が発生することはありませんでしたが、木更津あたりで海水の動揺があり体感地震は本震後約1ヶ月以上続きました。この(安政)江戸地震は本震が発生する前に発光現象があったという文献がいくつも残されており、それ以外の地震前兆として多数地域で水が湧き出たり、地響きが鳴り響いていたといいます。

浅草にあった眼鏡屋では1mほどの磁石に吸いつけてあった釘や鉄くずが地震発生の二時間前にすべて落ちたという現象があったとされていますが、地震との関係性はよく分かっていません。

(安政)江戸地震による被害

(安政)江戸地震が発生したのち、30か所あまりから出火し焼失面積は2.2平方キロメートルにまで及びました。町方の死者数は約4000人、武家方の死者数は2600人だとされていますが、この当時の江戸では武家方や寺社の総面積が町屋よりも大きかったため死者数は実質10,000人を超えていたのではないかと言われています。

民家の被害として全壊または焼失家屋は14,346棟にまで達し、江戸城などでも石垣の崩れや破損が目立ちました。また亀有や江戸川区では著しい液状化現象が現れ、四ッ谷で玉川上水の桶が崩れて出水したり品川の二番台場の火薬に引火して20人余りの死者が出たとされています。

さらに幸手付近では液状化現象による被害が起き、松戸付近では家屋倒壊や破損、水戸などでも瓦の落下などその被害は広い範囲に及びました。

-関東・伊豆地方, 日本で起きた地震