関東・伊豆地方 日本で起きた地震

関東地震

1923年9月1日(大正12年)11時58分、相模湾から房総半島先端部におけるフィリピン海プレートの沈み込みによって生じた海溝型地震で深さ23㎞を震源とし、最大マグニチュードM7.9、最大震度7(推定)の地震が発生した地震を関東地震といいます。この関東地震における死者数は105,000人余と甚大な被害が生じました。

 

関東地震の概要

関東地方南部の広い範囲で震度6が記録されていますが相模湾や房総半島南端では現在の震度7相当の揺れであったと推定されています。東京で観測された最大の地震動の振幅は14㎝~20㎝程度ですが地震による揺れを確認した範囲は日本全国にまで広がっています。

津波は本震発生後のわずか5分で沿岸部へ襲来し波高12mを記録し、網代湾の奥で7.2m、房総半島の相浜で9.3m、布良で最大6mにまで達しました。津波は東北地方沿岸部から九州地方にかけての太平洋沿岸部で達しています。

東京では振幅約60㎝の静震(水面震動)が観測されました。この関東地震で相模湾北岸の小田原付近から房総半島南端にいたる地域で最大2m隆起し南東方向へ2~3m移動したとされています。

また東京都南西部から神奈川県北部の地域では数十㎝の沈降が生じています。さらに秦野市では200mにわたって地盤が陥没し山崩れが市木沢がせきとめられ約1.3haの「震生湖」が、誕生しました。

9月1日の本震の翌日にも房総半島の勝浦沖にてM7.3の大きな余震、そして4ヶ月後の1924年1月15日にも丹沢山地でM7.3の余震が発生しています。

関東地震による被害

関東大震災によってもっとも被害が大きかったのは小田原付近で木造家屋の全壊率は50%にも達しています。この地震で死者数が増えた大きな原因は火災だと言われています。東京だけで160ヶ所から出火しその半数は早期消火されましたが、全体では延焼火災が84件と多く神田の神保町/今川小路/浅草の千束町/光月町では多くの火元が密集してしまいました。

鎮火されたのは2日の6時頃でしたが完全に鎮火されたのはそれから40時間後の3日10時頃であったとされています。焼失面積は約1150万坪と膨大な土地を焼きはらいその範囲は江戸地震の20倍にもあたると言われています。

焼失戸数は当時の総戸数の70%にあたり火災による死者、行方不明者だけで65,902人にのぼっています。100人以上焼死した火災現場が10ヶ所以上あり陸軍被服廠の本所では44,030人が焼死してしまいました。

従来、この地震による死者すうは14万人を超えていたと言われていましたが、死者数の数に重複が確認されたため再計算された結果105,000人余という数字に落ち着きました。

全体としての被害は住宅全壊11万棟、焼失21万棟、流失埋没は1,300棟にのぼり関東地震における物的な損害は当時の国家予算の1.3年分である55億円で国にとって大きなダメージを与える地震となりました。

この地震をきっかけにそれまでの震災予防調査会に変わる研究機関として1925年に東京帝国大学に地震研究所が設立されることになります。

-関東・伊豆地方, 日本で起きた地震