東海・中部・北陸地方 日本で起きた地震

善光寺地震

1847年5月8日(弦化4年3月24日)20時~22時の間に発生したM7.4、最大震度7の善光寺地震は長野市付近の浅いところで発生した内陸型地震です。この地震は信濃川断層が活動したことによる地震だとされています。

 

善光寺地震の概要

善光寺地震で信濃北部、越後西部には震度7の激しい揺れとなり大垣/宮津/福井/江戸/平塚などで大きな被害を出しました。この地震がきっかけとなって飯山市の北方から長野盆地西緑に沿って長野市小松原に至る長さおよそ40㎞の断層が出現し、長野市付近で西側が2.4m隆起し落差を生じさせました。

善光寺地震による被害

善光寺地震はこの地域で過去もっとも大きな被害を出した地震で被害範囲は高田~松本に至る広い範囲で生じています。とくに水内郡と更級郡には大きな被害を出しました。

松代領では火災はしなかったものの、死者2695人、家屋全壊9550棟の被害。そして飯山領では死者586人、家屋全壊1977棟の被害となっています。

善光寺領では総戸数3069の住人のうち、死者2486人、家屋全壊2285棟(うち焼失2094棟)の被害が生じています。このとき運悪く全国から参拝者が約7000~8000人集まっていましたが、地震が原因で引き起こされた火災で生き残った人数はわずか1割程度であったといいます。

善光寺では本堂・山門・経蔵・鐘楼。万善堂だけが残りその他の建物はすべて倒壊、または焼失しています。飯山から長野に連なる範囲で大きな被害が出たと記録されており、多くの山地で山崩れや崖崩れが発生しました。松代領だけで41,000ヶ所という膨大な数です。

また虚空蔵山では2箇所が崩れ、下流側の崩壊が藤倉と古宿の村を埋め、上流側の崩壊では高さ48mの土提となり川をせきとめ数十の村を水没させたといいます。

この地震から20日後の4月13日には川をせきとめていた土提が一気に崩れて川の泥水が流出し下流で100人余、家屋流失810棟、土砂による被害2135棟の被害が生じました。

洪水による水の高さは小市で21m、千曲川で6m、松代で0.6m、飯山で4m、長岡で1.5mとなっています。さらに裾花川でも山崩れにより高さ48mの土提が川をせき止め長さ2・2㎞の湖を作ったとされています。

また信州新町の山崩れでも柳久保川がせき止められ3年間かけて水を溜めたのち現在のち柳久保池となりました。この地震でもっとも被害が大きかったのは圧死による死因だったとされています。

-東海・中部・北陸地方, 日本で起きた地震