東海・中部・北陸地方 日本で起きた地震

安政東海地震

1854年12月23日(安政元年11月4日)の9時頃にM8.4、震度7(推定)の安政東海地震が発生し死者数2000~3000人の被害を生じました。この地震波熊野灘から駿河湾にいたる海域でのフィリピン海プレートの沈み込みに伴う海溝型地震です。

 

安政東海地震の概要

安政東海地震で駿河湾沿岸から遠州灘沿岸では震度6~7相当、名古屋市付近で震度6相当の揺れとなり地震を感じた有感範囲は東海地方から九州北部にまで及んでいます。

津波は房総半島から高知県までの沿岸を襲い、波高は霜田付近で4~7m、舞阪で約5m、志摩半島の甲賀で10m、鳥羽で4.5m、尾鷲で約6mなどになり江戸の山谷堀の水位が1mほど高くなりました。

また津波は太平洋を渡り北米沿岸にまで達し、サンフランシスコでは30㎝の振幅が記録しています。この地震が発生した32時間後には西隣りの四国沖で安政南西地震(M8.4)が発生し大きな被害を出しました。

安政東海地震による被害

この地震による被害は関東から近畿にまで及んで山梨県~長野県にかけても大きな被害がでました。地震動による被害がもっともひどかったのは沼津から伊勢湾にかけての沿岸沿いで小夜の中山(現在の掛川市東部の山地)はほぼ壊滅状態となり袋井も9割方の家が崩壊し死者200人を出したほか、愛鷹山麗の小林では長さ360m、幅90mほどの土地がめり込んで民家11棟が土中に埋まりました。

またこの地震では火災が多く発生し三島では家屋全壊986棟、焼失45棟でほぼ全滅し掛川では家屋の全壊・焼失1116で死者数58人、駿府では戸数4417棟のうち焼失約600で死者数200余の被害がでています。

甲府から松本、松代にかけても被害が大きく甲府で7割、鰍沢で9割の家屋が倒壊。松本では死者数5人、家屋倒壊52棟、焼失51棟、松代藩では死者数5人、家屋倒壊152棟となっています。

この地震による山崩れは富士川流域の白鳥山では崩れた土砂によって川がせき止められ徒歩で渡れるようになりました。安政東海地震の津波被害は下田・遠州灘・伊勢志摩・熊野灘沿岸で目立っています。

下田では地震後約15分~20分で津波が襲来し840棟の家屋が全壊流失、30棟が半壊水入りとなり無事だったのは4軒だけでした。人口3851のうち122人が死亡しました。また下田港に停泊していたロシアのプチャーチンの乗る軍艦が大破し27日に沈没しました。

志摩半島の甲賀でも134棟の家屋が流失し死者11人、和具では戸数400のうち270棟が流失し死者42人、長島では戸数800のうち80棟が残り死者23人、尾鷲では戸数959のうち661棟が流失し人口3913のうち198人が死亡しました。

この地震全体での被害は32時間後に発生した安政南海地震との区別が難しいですが死者数2000~3000人、家屋の倒壊や流失は30,000棟に達したとされています。

-東海・中部・北陸地方, 日本で起きた地震