中国・四国地方 日本で起きた地震

宝永地震

1707年10月28日(宝永4年10月4日)14時頃、東海道沖から南海道沖を震源として発生した南海トラフ沿いの全海域を巻き込んだフィリピン海プレートの沈み込みによる海溝型地震でM8.4の宝永地震を引き起こしました。この地震では死者5,000人余でした。

 

宝永地震の概要

宝永地震は日本で発生した地震の中でも最大級の超巨大地震であり津波は伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸と大阪湾、瀬戸内海沿岸、および八丈島を襲いました。

四国沿岸での津波の高さは5~8mに達したと推定されておりこの地震による激震地域と津波襲来区域は1854年の安政東海地震と安政南海地震を合わせたものに似ており、この2つの地震が同時に起きたものだと考えられています。

この地震で室戸岬は1.5m、串本は1.2m、御前埼付近は1~2m隆起しました。なおこの地震後、道後温泉の湧出は145日間止まったほか、紀伊の湯峰・山地・龍神・瀬戸船山でも湯が止まりました。またこの地震から49日後の11月23日に富士山が大爆発して宝永火山をつくっています。

宝永地震による被害

この地震による家屋の倒壊地域は中部~九州にわたって広い範囲で引き起こされています。その中でも東海道・伊勢湾沿岸・紀伊半島で被害が大きく、袋井は全滅。見付・浜松・鳴海・宮・四日市では建物の半数が全壊し紀伊田辺町では死者20人、住家全壊138、流失154を生じています。

大阪では崩れた家1,000余、崩れた橋50余、死者500人余のほか、10,000人余の溺死があったといいます。安倍川の上流では大規模な山崩れが発生し土砂が大きな池をつくり、富士山でも川をせきとめることになりました。

この地震で室戸岬の津呂・室津では土地が1.8m隆起し大型船の入港が不可能になり、それとは逆に高知市では最大2m沈下して船で行き来できるようになりました。

津波による被害は土佐が最大で死者1,844人、行方不明者926人、流失家屋11,167、家屋倒壊5,608、船の流失や破損は768となっています。とくに種崎では700人余りの犠牲者を出し、そのすべてを津波が流し去ったと記録されています。

そのほか宇佐では400人、福島で100人、須崎300人、久礼200人などの死者が出ています。紀伊半島でも津波の被害は置きく、広村では総戸数1,000のうち700が流失し292人が死亡。湯浅では総戸数1,000のうち家屋流失292、死者53人、尾鷲では家屋流失641、死者530人余となっています。

伊豆半島では死者11人、家屋の流失全壊は857、船の流失は215となっています。この地震による全体の被害の詳細は分かっていませんが確かな死者は5,000人余(大阪における1万人の説が正しい場合はさらに1万人多くなる)、家屋全壊約59,000、流失18,000、船の流失破損3,900余と見積もられています。

-中国・四国地方, 日本で起きた地震