日本で起きた地震 九州・沖縄地方

八重山地震津波

1771年(明和8年3月10日)4月24日8時頃M7.4、最大震度4(推定)が石垣島の南方付近におけるフィリピン海プレートの沈み込みに伴う海溝型地震が発生しました。

いわゆる津波地震であったと考えられていますが、巨大津波は海底での大規模地滑りによるとする説もあります。この八重山地震津波による死者は12,000人を超えています。

 

八重山地震津波の概要

八重山地震津波による地震動は小さく、石垣島では震度4程度の揺れであったと推定されています。

しかし、巨大な津波が八重山列島や宮古島列島を襲い、波高は八重山郡島石垣島の宮良島で85.4m、白保村で60m、安良村で56.4m、大浜村で44.2m、宮古群島でも波高は約40mに達したとされています。

島内に津波で打ち上げられた大石は海抜30m以下のところにあり、実際の津波は上記の半分くらいの数値だったのではないかと解釈されています。両列島とも津波は異常な引き潮で始まり、大波は3回襲来したとされています。

八重山地震津波による被害

八重山地震津波の地震による被害は少なかったですが津波による被害が大きく石垣島では島全体の約40%が波に洗われたといいます。石垣島ではいくつかの集落で死亡率が90%を超え完全に消滅した村もありました。

当時の石垣島の人口17,349のうち死者・行方不明者は8,439人にものぼり、人口が半減するなど島は壊滅的な状態になりました。

ほかの島でも大きな津波被害があり八重山列島全体では家屋の流失などによる全壊が2,200棟余り、溺死者は9,400人余りにのぼりました。また宮古列島でも800棟余りの家屋を全壊させ2,463人の溺死者を出しています。

全体では溺死者約12,000人、家屋流失約2,000棟の被害を生じていますが、八重山列島と宮古列島以外には被害の報告はありませんでした。

-日本で起きた地震, 九州・沖縄地方