地震対策の防災グッズ!必ず揃えておきたい0~2次の備えリスト一覧

この記事は、当サイト『防災大図鑑』のトップページです。地震などの災害時に必ず必要となってくる防災グッズを紹介しています。防災グッズは被災したときの生活を快適にするだけでなく、あなたの命と大切な家族の命を守る重要な存在。

今まで防災グッズの重要性についてあまり知ることのなかったあなたもこの記事を読めばその重要性が必ず理解できるはずです。そして自分の命だけでなく家族の命を守ることができる可能性がグッと高まります。ぜひ参考になさってください。

本当に大切なものについて

防災グッズをただなんとなく買ってしまう前に、もっとも重要なことを理解しておきましょう。防災グッズを買う理由は『災害時を快適に過ごす』ためなんかではありません。『あなたの命、そして家族の命を守る』というのが一番の理由です。

たったこれだけのことですが、命を守るということを最優先に考えれば、余計な荷物のせいで逃げ遅れたりすることもなく必要最低限のものだけで、確実に自分の命を守り、そして大切な家族の命を守ることができるようになります。

非常時の防災グッズは生き残ってはじめて役立つものであり、防災グッズの持ち出しに手間取り命を落としてしまうことなどもってのほかです。この記事を読めば本当に必要な防災グッズの揃え方と命を守るための備え方をしっかりと理解することができるようになります。

ただなんとなく防災グッズを揃えて安心するのではなく、いざという時に本当に役立つ知識と合わせて防災意識を高めていくようにしましょう。

 

非常時に持ち出す防災グッズ【0次~2次の備え】

防災グッズ=貴重品や食料そして飲み水をまとめて大きなリュックなどにまとめておいたものと認識している方も多いかもしれません。ただこれは間違いです。

災害時に避難する際、持ち出すべき順序と種類には3種類あります。

いつも持ち歩く防災グッズの0次の備え。震災直後、ライフラインが整うまでの目安である3日間を避難所などで過ごすために必要な1次の備え。そして多大なダメージを受けた場合に復旧が遅れ避難生活が長引いた場合に必要な2次の備えです。

Point

0次の備え:常時身につけ持ち歩く
1次の備え:震災直後に持ち出す
2次の備え:家に置いておく備蓄

この0次~2次の備えをしっかりとしておくことで万が一の災害時の場合にも健康面や衛生面そして精神面へのダメージを少なくすることができます。

この0次~2次の備えについて順番に見ていきましょう。

0次の備えのリスト一覧

0次の備えは常に持ち歩く防災グッズです。仕事に行くときや外出の際に必ず持っていくようにしましょう。この防災グッズには主に貴重品やあると便利な最低限の物資を入れておきます。いつでもカバンの中に入れておくことができるように小さなポーチにまとめておくようにしましょう。

ハンカチ/ティッシュ/マスク/薬(持病薬や胃薬)/絆創膏/身分証/家族の写真/お金/ミニライト/モバイルバッテリー/ホイッスル/飴/飲み物

ラジオや地図などはスマホで代替可能なので余計な荷物を減らすことができます。ただスマホのライトなどは電池消耗が激しく万が一震災によって故障してしまった場合を考えると別にミニライトを用意しておくことが大切です。家族写真などは行方を探す場合の手がかりとなるため持ち歩くようにしましょう。

 

1次の備えのリスト一覧

震災によってライフラインが絶たれてしまった場合それらがある程度回復するのは3日間が目安だとされています。この3日間の避難生活で必要な食料や飲料水、そしてあると便利な防災グッズを必要最低限詰め込んだリュックなどが1次の備えである防災グッズです。

防災リュック/防災ヘルメット/手袋/靴/着替え/非常食/飲料水/簡易トイレ/除菌シート/トイレットペーパー(シングルタイプを押しつぶしておく)/歯磨きセット/水のいらないシャンプー/アイマスク/耳栓/マットシート(空気注入タイプ)/ラジオライト/予備電池/雨具/生理用品/薬(痛み止めや胃痛薬)/ポリ袋/レジャーシート/ライター/ガムテープ/筆記用具/紙皿/コップ/箸/サランラップ

自宅に帰った際には0次の備えの防災ポーチを必ず1次の備えと一緒に保管するようにしましょう。1次の備えは内容量が多いため両手を自由に使えるリュックサックタイプのものがおすすめです。ラジオについてですが、避難時に持ち出す方が多く共有する機会が多いので少しでも荷物を減らすためにリストに入れないのも手です。

ランタンなども必要に思われるかもしれませんが、避難した場合むしろ非常灯のせいで眠れないことが多いため、アイマスクや耳栓の方が重要です。歯磨きやシャンプーは避難生活に必要ないと思われる方も多いかもしれませんが、日常と同じ生活をすることで精神的な安定効果があります。サランラップは傷口を塞いだり、皿を汚さず使うのに役立ちます。

 

2次の備えのリスト一覧

震災によって避難生活が長引いてしまった場合に必要になるのが2次の備えの防災グッズです。この2次の備えは基本的に家に備蓄しておく食料や飲料水、生活雑貨などで持ち運ぶ必要はありません。一般的に言う『買い溜め』なので、震災がある程度落ち着いた際に家に補給しに行くために用意しておく防災グッズです。

保存食/飲料水/ティッシュペーパー/トイレットペーパー/除菌シート(アルコールタイプとノンアルコールタイプ)/カセットコンロ/ガスボンベ/電池

食料品や飲料水が充分に支給されない場合に役立つだけでなく、自分にとって必要不可欠な物資が手に入らない場合などに有効な手段です。赤ちゃんのオムツやミルクなど震災時に持ち運べないものなどはしっかりと常備しておくようにしましょう。

 

防災グッズは一度にすべて持ち出さない

あらかじめ準備しておいた防災グッズを震災が起きて避難する際にすべて持ち出す必要はありません。生き抜くためにもっとも必要な飲料水や食料ですが、荷物がかさばるだけでなく避難する際に迅速な行動の妨げになることがあります。

状況に応じて後から補給しに戻ることもできるので、避難するときには必要最低限の防災グッズのみ持ち出すようにしましょう。もっとも大切なのは防災グッズではなくあなたの命と家族の命だということを忘れないようにしましょう。

Point食料や飲料水などは一度に持ち出さずに備蓄として家にストックしておき、必要な時にいつでも取りに帰れるようにしておく。

 

防災グッズの必要性と心構え

近年、頻発する大きな地震被害によって日本国民の防災意識はかつてないほどに高いものとなっていますが、心のどこかで『自分は大丈夫』と思っている人が多いのも現実。そのため防災グッズを完璧に揃えていると自信をもって言える方は少ないのではないでしょうか?

幸いなことに日本は地震による行政のマニュアルがしっかりと整っているためライフラインが復旧するまでの時間はとても早く、けが人や犠牲者の数は最小限にとどめることができます。

しかし、行政の働きも麻痺してしまうほどに壊滅的な地震被害がいつ起こるか誰にも分かりません。そんな時に自分の命や家族の命を守ることができるのは紛れもないあなただけです。

準備しておくと万が一のときに必ず『買っておいてよかった』と思える防災グッズを以下で紹介します。

 

防災グッズおすすめリスト

ここでは命を守るために必須な防災グッズ~あったら便利な防災グッズまで紹介します。保存食=乾パンのイメージしかなかった方もきっと驚くはずです。

命を守る防災グッズ

防災グッズでまず準備するべきものは震災が起きたその瞬間~避難するまで確実に命を守るためのものです。他の防災グッズと違って震災が起きてしまってから準備することはできないため必ずあらかじめ用意しておきましょう。

折り畳み式ヘルメット

防災グッズで購入しておくかどうか悩んでいる方も多いはず。そのままでは邪魔になるヘルメットですが折り畳み式で頑丈なタイプがあるのでこれから購入する方は折り畳み式のものがおすすめです。震災時などは思いもしない落下物が頻繁に落ちてくるため一番最初に守るべき頭をしっかり保護して安全対策を心掛けましょう。

 

ホイッスル

万が一、崩壊したときの下敷きになってしまった場合、救助隊に発見されにくく、時間の経過とともに体力も失われてしまうため助けを呼ぶ声も出せなくなってしまいます。ホイッスルさえあれば少ない労力で最大限の救助効果を発揮することができます。ホイッスルはダイソーなどの100円ショップでも販売しているため必ず購入し常備しておきましょう。

 

厚手の手袋と作業靴

災害時に避難する際、瓦礫やガラス片などが周囲に必ず散乱しています。余震が続き足元が不安定かつ、散乱物で躓きやすくなっているため万が一、勢いよく手を地面についてしまったりしたときには大ケガをしてしまうので必ず厚手の手袋が必要です。女性の方はヒールやサンダルなどで避難することがないよう必ず頑丈な運動靴も用意しておきましょう。靴は登山に使われるトレッキングシューズが軽くて通気性もよいためおすすめです。

 

多機能ラジオ

 

最新の震災状況を知ることができるラジオですが、用意するのであればスマホの充電やライトのついた多機能型のものを用意するようにしましょう。サイレン機能がついたものもあるためいざという時に救助を求める信号としても役立ちます。震災時はスマホが活躍しますが、充電が切れてしまっては何の役にも立ちません。モバイルバッテリーを充電する目的としてもこの多機能ラジオは優秀な機能なので必ずひとつは用意しておきたいところです。

 

避難生活に適した保存食

被災直後は炊き出しが行われるまでに時間がかかってしまいます。前もって自分自身で用意しておくことが大切です。以前は保存食=乾パンというイメージでしたが保存技術が向上し普段と変わらないような食事も長期間保存することができます。

手軽に食べられる

被災直後は精神的に大きなストレスがかかっているので食欲も湧かない方がかなり多いのが現実。手軽に食べることができるバランス栄養食品などは栄養価が高いだけでなくリラックス効果もあるので避難生活で大きく役立ちます。

 

温めることができ胃に優しい

被災地で避難生活を送っているときにもっともうれしいのは温かい食事です。そんなときに手軽に温めることができるおかゆなどは重宝します。胃が弱っていて食事を受けつけないときにも最適で小さい子供や高齢の方にも適した保存食です。

 

満足感があり栄養価が高い

避難生活を続けているときに普段と変わらないような食事ってものすごく安堵感があり精神面のケアに効果的です。質素な食事が続いてしまいがちなので高い栄養価のある保存食を用意しておくことが大切です。

 

多めに用意したい飲料水

飲料水は飲むだけでなく手を洗ったり髪を洗ったりすることもできるのでできるだけ多く用意しておきたいところです。ライフラインが整うまでの期間が長引いてしまった場合のことも考えて1週間分は用意しておきましょう。生活水はもちろんですが、そのほかにも脱水症状を防ぐ飲料水や被災地生活で不足しがちなビタミン類を補うことができるものも多くあるのでバランスよく購入しておきましょう。

生活水としても使える水

震災が起きてしばらくはシャワーも浴びることができず夏場などの汗をかきやすい季節などの場合は日常生活とかけ離れた現状が原因で鬱症状に陥ってしまう可能性があります。飲み水用としての水はもちろんですが、生活用水として利用するための水も多めに備蓄しておくようにしましょう。体を洗って清潔にするだけで気分がだいぶ良くなり前向きな気持ちになります。

 

脱水症状を防ぐ

水分補給は人間が生きていく上でもっとも大切なことですが、少量の水だけでは脱水症状を引き起こしてしまうこともあるのでできるだけ飲み水とは別に経口補水液などの脱水症状を防ぐための飲料水を用意しておくことが大切です。

 

不足しがちな栄養を補う

避難生活では食欲も思ったように出ず、栄養失調で健康被害がでてしまうこともあります。前もって栄養ドリンクやゼリータイプの栄養機能食品を用意しておけば食欲が湧かないときでも手軽に栄養補給ができておすすめです。野菜不足にもなりやすいため長期間保存できるタイプの野菜ジュースがあれば安心です。

 

避難生活に欠かせない防災グッズ

避難生活では必要なものをいつものようにすぐに手に入れることはできません。そのためあらかじめ必要なものをすべて準備しておく必要があります。しかし、日常の何不自由ない生活の中では見落としがちなものが多いのも事実です。物資が手に入らない状況を想定してしっかりと準備するようにしましょう。

 

必要不可な簡易トイレ

災害時に必ず起こるのがトイレパニックです。男性の場合は物陰で用を足すこともできますが、女性の場合はそれができるはずもありません。そのためトイレは長蛇の列を作ってしまい毎回大きなストレスとなってしまいます。実際に被災された方の多くがこのトイレ問題に悩まされていました。必ず防災グッズの中に簡易トイレも準備しておくようにしましょう。

 

 体育館などでの避難生活の配慮

震災直後、自宅が崩壊してしまい避難生活をしなくてはならない場合、女性の方はとくに他人の目が気になるはずです。震災直後、ダンボールによる間仕切りなどが配布されますが、それでは着替える場合に背丈が低すぎるので着替え用にテントなどを用意しておくことをおすすめします。ほんの少しのスペースであってもプライベートな空間があると精神的にリラックスすることができます。

 

 寒い冬に必要な防寒対策

冬などの避難所はとても寒いため必ず防寒対策に有効なグッズを備えておくようにしましょう。カイロは貼るタイプのものを準備しておきフリースタイプの軽いひざ掛けなども必需品です。

床が冷えることが多いので底が厚めのスリッパなどを用意しておくと避難生活が少しだけ快適になります。アルミでできた保温シートなどは薄く軽いですが非常に保温性能が高いため睡眠時などに役立ちます。

 

買い溜めするときの注意点

防災グッズを買い溜めするときには紙類のトイレットペーパーやティッシュペーパーなどは多めに購入することが大切です。震災が起きた直後は多くの人が買い溜めをするのでどの店舗でも売り切れてしまい、流通もストップしてしまった場合には商品が新たに入荷される可能性もしばらくありません。

紙類は腐ることもないため常にストックを多めに用意しておきましょう。

食料品や飲料水を買い溜めするときに注意したいのは消費期限です。いざ震災が起きて食べようとしたら消費期限が過ぎていて食べれなかった…なんてことにならないように古いものと新しいものをしっかりと入れ替える必要性があります。

電池なども購入してそのまま放置して置いたらいつのまにか放電していて結局使えなかった…となることもあるので防災グッズは一度買ったらそのままにしておくのではなく、一年に一度は必ず点検し、交換するべきものは随時入れ替えるようにしましょう。

 

防災グッズメーカー専門店を有効的に利用

いざというときのために揃える防災グッズは専門メーカーからの購入がおすすめです。国内の防災グッズメーカーとしてトップブランドのLA・PITA『ラピタ』があります。

自分で選ぶと悩んでしまう防災グッズがはじめからセットになっているものもあるので誰でも手軽に防災グッズを備えることができて便利です。

しかし、防災セットは近年の防災意識の高まりからほぼすべてが売り切れ状態となっています。ラピタだけでなくその他の購入サイトも入荷まで数か月待ちが当たり前の状態になってしまっているので自分で単品購入したもので手作りするのが確実で安く揃えることができおすすめです。

 

まとめ

日本では3.11以降震災に関する危険意識は高まり、防災グッズを家に備える人たちが急増しました。いつ起こるか分からない大震災からあなたの命を守るのはあなた次第です。

このサイトをご覧になっているあなたも今日から防災についてしっかりと理解していくようにしましょう。

2018/07/06