防災リュックのおすすめランキング!正しい防災セットの3つの選び方と注意点

あなたは防災グッズをちゃんと準備していますか?備えとかないといけないのは分かっているんだけどなかなか…という人も多いはず。そんな方におすすめなのが、あらかじめ必要なものがセットになった防災リュックです。

自分で選ぶ手間も省けるだけでなく、震災時に本当に必要なものだけを準備しておくことができる防災対策です。ここではあらかじめセットになった防災リュックの選び方とおすすめについて紹介します。

 

正しい防災セットの3つの選び方

防災セットを選ぶときには以下の3つのポイントを守るようにしましょう。正しい防災セットの選び方を知っておけば万が一のときに必ず役に立ち、あなた自身と家族の命を守ることになるので必見です。

防災グッズメーカーが販売しているかどうか

防災セットを購入するときには必ず防災グッズを製造しているメーカーのものを選ぶことが大切です。防災士による監修により高い安全基準で製造されているもので、企業や個人から多く選ばれている国内最大手の防災グッズメーカーの『ラ・ピタ』という会社の防災セットは評価が高く人気があります。

本当に必要なものが入っているかどうか

防災セットはAmazonや楽天市場などでも多く販売されていますが、中には震災時にほとんど役に立たないようなものばかり詰め込まれているものが多いのも現実です。震災により被災した方からの生の声を受けて選ばれた防災セットを選ぶことを意識するようにしましょう。

自分に合ったタイプを選べるかどうか

防災セットを選ぶときには自分の用途にしっかり合ったものかどうかを確認するようにしましょう。ひとり用のオーソドックスなタイプのものや、家族全員分の防災グッズをカバーできるものなどもあります。保存食に重点を置いた防災セットなどもあるので自分で用意するものとの兼ね合いを考えることも重要です。

 

おすすめの防災リュックはラピタ

『防災グッズメーカーが販売』『本当に必要なものだけが入っている』『自分に合ったタイプが選べる』という3点を満たした防災リュックは国内防災グッズメーカーであるLA・PITA EMERGENCY【ラピタ】が販売する防災グッズです。

防災グッズのメーカーであるLA・PITA EMERGENCYについて知らない方も多いと思いますのでこの機会に覚えておきましょう。

防災グッズ国内メーカー『ラピタ』の特徴

LA・PITA EMERGENCY【通称ラピタ・エマージェンシー】は国内防災グッズメーカー最大手の会社です。防災専門のメーカーとして高い技術力と信頼性で個人だけでなく多くの企業に防災グッズを収めている特徴があります。
ラピタが防災グッズを納品している一例
KDDI/LEXUS/ROYAL/ネッツトヨタ/カゴメ/日本郵政/各区役所など

防災ブランドとしてもっとも人気のあるラピタですが、通常のノーブランド製品などはセット内容が防災の観点からかけ離れていたリ、商品そのものがノベルティ会社や雑貨メーカーなどが作っている場合もあるため、いざというときに正しく防災の役に立たないものがあるので注意が必要です。

そういった観点からも必ず防災グッズのセットを購入するときには国内防災グッズ専門メーカーのラピタから自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

防災グッズ専門通販サイトであるアットレスキューはLA・PITA EMERGENCYの直営サイトなので、たしかな品質の防災グッズを取りそろえているのでおすすめです。

 

防災リュックのおすすめランキング

防災リュックのおすすめをランキング形式で紹介します。

1位

2位

3位

 

 

タイプに応じて防災リュックを選ぶ

ラピタの防災グッズがひとまとめになったセットには、いくつもの種類とバリエーションがあります。あなたの家庭に合った防災セットを選ぶことができるので重点的に備えておきたいと思うセットを選んでみましょう。

ひとり用防災セット

ひとり用の防災セットは厳選されたグッズだけが詰め込まれたもの。余計なものは何一つなく被災地で確実に役に立つものだけがセットとなっています。

家族用防災セット

2~3人用の家族用の防災セットは大容量で家族みんなの命を守ることができます。食料品や飲料水はもちろん被災地での生活を快適に過ごすことができるグッズもたっぷり入っています。

保存食メインのセット

保存食をメインに構成された防災セット。震災直後から炊き出しが行われるまでの期間を乗り切ることができる大容量の保存食の詰め合わせセットです。

車載用防災セット

いつ起こるか分からない震災において車の中に日常的に防災セットを備えておくことはとても重要な防災対策です。寒い冬の日でも暑い夏の日でも保存することができる車載セット。

 

防災セットを購入するときの注意点

防災セットといってもこれひとつあれば確実に安心できるというものではありません。1次の備えとして持ち出せる分しかリュックには入っていないので足りない部分は自分で備品として自宅に保管しておく必要があります。

家族で避難する場合、旦那さんは保存食や飲料水をメインに構成された防災リュックを持ち、奥さんは被災地での生活に役立つ軽めの防災リュックを運び出すといった役割分担が必要です。

そのため同じ種類の防災セットを何個も買うのではなく種類の異なった足りない部分を補うことができる防災セットをいくつか購入しておくということが大切なので覚えておきましょう。

防災リュックを購入したからといって安心することなく、家に備えておく大量の飲料水や食料、そして必ず不足してしまうことになるティッシュやトイレットペーパー類、そして電池などを用意しておきましょう。

これらのすべては防災グッズ専門のラピタで購入することができるので買わなければいけないものをしっかりと把握し、リストアップしておくことが重要です。

 

まとめ

防災リュックはもっとも手軽に防災対策することができるグッズのひとつです。いつ震災が起きても落ち着いた対応ができるようにしかるべき備えを行っておくようにしましょう。

2018/07/13